●これがあれば今すぐ鈎足チャート攻略法を試せます!
ツール

●ニューヨーク・東京・ロンドン 各市場の『米ドル/円』終値(2018/04/12)
終値

■東京市場(04/10 日本時間午後5時)

107.10(107.14)

■ロンドン市場(04/10 日本時間午後10時)

106.95(106.98)

■ニューヨーク市場 (04/11 日本時間朝7時)

107.30(107.32)

■東京市場(04/11 日本時間午後5時)

107.05(107.07)

■ロンドン市場(04/11 日本時間午後10時)

106.95(106.97)

■ニューヨーク市場 (04/12 日本時間朝7時)

106.80(106.81)



只今、夏時間(3月第2日曜日~11月第1日曜日)

東京市場:日本時間午後5時(GMT08:00)
ロンドン市場:日本時間午後9時(GMT12:00)
ニューヨーク市場:日本時間翌朝6時(GMT22:00)


■ブル蔵の独り言

正直、現在は米中貿易摩擦にシリア情勢不安と、ドルに関してはかなり売り要素が強い状況となっていると思うのですが、市場の反応はかなり限定的です。

ちょっと不思議に思うくらいに(^_^;)

なぜ踏みとどまっているのか、僕なりに考えてみました。



で、理由は2つ

一つ目は、米国の利上げ継続方針の確認がなされたことです。

そしてもう一つは、シリア攻撃懸念からの原油高ですね。

原油高に関しては、なんだか逆張りみたいな感じも否めないのですけど、やはり巨大市場のエネルギー関連の動きというのは無視ができないものなんですね。

実際に攻撃が始まれば様子も変わると思うのですが、リスク回避がなされた時の安心感からのドル買い円安も無視できません。

ただ、今回はロングで持つのはちょっと怖くなってきたので、手仕舞いのタイミングをしっかり考えたいと思います。


この「鈎足チャート攻略法で挑むFX実践記」は
人気ブログランキングに参加をしています。
訪問者様の応援が励みになるものですから
よろしければぜひワンクリックをお願いします。
(^o^)/↓↓↓↓↓


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村


●手軽に試してもらえる実践倶楽部やってます!【無料】
特典2