●これがあれば今すぐ鈎足チャート攻略法を試せます!
ツール

●ニューヨーク・東京・ロンドン 各市場の『米ドル/円』終値(2017/04/11)
エントリー


■東京市場(04/10 日本時間午後5時)

111.30(111.32) シグナル(100)

■ロンドン市場(04/10 日本時間午後9時)

111.30(111.30)

■ニューヨーク市場 (04/11 日本時間朝6時)

110.90(110.93)




※只今サマータイム
(3月第2日曜日~11月第1日曜日)

東京市場:日本時間午後5時(GMT08:00)
ロンドン市場:日本時間午後9時(GMT12:00)
ニューヨーク市場:日本時間翌朝6時(GMT22:00)



■ブル蔵の独り言

先週の米国雇用統計で全てのポジションが利確したので、週明けの昨日は再エントリーするかどうかを考えていました。

トランプ大統領のシリア攻撃の判断は、どうやら好感的にとらえられたようで、東京市場終値では100pの鈎足が折れるまで円安がすすみました。


●100pの鈎足チャート
100p0411.png


しかし、その後の伸びは無く、ジリジリと円高に後退していくのを見ていて、どうやら市場はリスクの方を意識し始めたと感じました。

シリア攻撃が強烈だったので、今回ばかりは存在薄となってしまった重要ファンダメンタルズの米国雇用統計ですけど、ちゃんと見直してみれば正直あまり良い結果ではなかったので、これは当然の流れなのかもしれません。

そう考えた僕は昨夜のロンドン終値後に、200pと300pエントリーの扱いとしてそれぞれ111.30で売りエントリーしました。

200pと300p扱いにしたのは、前回のエントリーポジションに近かったことが理由です。

まあ再エントリーなので、柔軟に対応していこうとは思いますけどね(^o^;)




この「鈎足チャート攻略法で挑むFX実践記」は
人気ブログランキングに参加をしています。
訪問者様の応援が励みになるものですから
よろしければぜひワンクリックをお願いします。
(^o^)/↓↓↓↓↓


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村


●手軽に試してもらえる実践倶楽部やってます!【無料】
特典2