●これがあれば今すぐ鈎足チャート攻略法を試せます!
ツール

「米ドル/円」の動きに大きな影響を与えるファンダメンタルズの一つに『英国中央銀行(BCE)金融政策委員会』というものがあります!
engu.png
イギリスの中央銀行にあたるのが、BOE(Bank of England)「イングランド銀行」です。

その昔、イギリス(大英帝国)が世界の覇権を握っていた19世紀には「世界の銀行」と呼ばれ、世界経済を牛耳っていると言っても過言ではありませんでしたが、第二次世界大戦後の1946年に国有化され、しばらくは財務省の事実上の下部機関となります。そして、現在の独立した中央銀行としての役割を改めて担うようになったのは1997年と、割りと最近のことです。

理事会は原則的に2週間ごとに開催され、政策金利の発表時期は毎月上旬の水・木に発表されます。ただ政策金利ですが、イギリスでは2009年から変更されていない状態が続いており、現在では正直注目度は低めです。

とは言え、世界経済に多大な影響力を持つ英国の中央銀行ということで、その発言や金融政策は間接的に大きな影響を与えてきます。

ですので重要なファンダメンタルズとなりますので、注意が必要です。


この「鈎足チャート攻略法で挑むFX実践記」は
人気ブログランキングに参加をしています。
訪問者様の応援が励みになるものですから
よろしければぜひワンクリックをお願いします。
(^o^)/↓↓↓↓↓


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村


●手軽に試してもらえる実践倶楽部やってます!【無料】
特典2