●これがあれば今すぐ鈎足チャート攻略法を試せます!
ツール

「米ドル/円」の動きに大きな影響を与えるファンダメンタルズの一つに『欧州中央銀行(ECB)理事会』というものがあります!

欧州中央銀行

ユーロ圏の中央銀行にあたるのが、ECB「欧州中央銀行」です。

ECBは、政治的介入を受けず独立性を維持しながら、域内の物価安定を図るために存在しています。

その中で最高意思決定機関として存在するのが、欧州中央銀行(ECB)理事会です。



この理事会は、ECB役員会の6名とユーロ導入国の中央銀行の総裁で構成され、ユーロ圏の金融政策を決定し、執行しています。

理事会は原則的に2週間ごとに開催され、特に月の1回目の理事会では政策金利が決定されるため、その動向は為替だけでなく、ユーロ圏を中心にあらゆる経済指標に影響を及ぼすことから注目されます。


米ドル/円には直接関係しないようにも思えますが、ユーロ圏という巨大市場の中央銀行ということで、その発言や金融政策は間接的に大きな影響を与えてきます。

ですので重要なファンダメンタルズとなりますので、注意が必要です。



この「鈎足チャート攻略法で挑むFX実践記」は
人気ブログランキングに参加をしています。
訪問者様の応援が励みになるものですから
よろしければぜひワンクリックをお願いします。
(^o^)/↓↓↓↓↓


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村


●手軽に試してもらえる実践倶楽部やってます!【無料】
特典2