●これがあれば今すぐ鈎足チャート攻略法を試せます!
ツール

「米ドル/円」の動きに大きな影響を与えるファンダメンタルズの一つに『米小売売上高』というものがあります!

小売り
米小売売上高とは、アメリカのスーパーや百貨店などの、いわゆる小売・サービス業の月間売上高について調査した、景気関連の経済指標です。


この指標は毎月、BEA(米国商務省経済分析局)が、変動の大きい自動車を除いた小売売上高を発表するほか、項目別では自動車・電気製品・建設資材・ガソリンスタンド・総合小売店などの前月比と実額を発表します。

米小売売上高が前月比で増加すると個人消費は堅調と判断され、逆に減少すると個人消費は落ち込んでいると判断されます。

また、アメリカの小売りで最も重要とされる年末のクリスマス商戦の結果は(発表は1月)特に注目されます。


発表は、毎月第2週後半(日本時間の22:30)となっています。




現在アメリカは世界一の消費大国であり、個人消費がGDP(国内総生産)の約7割を占めていますので、個人消費の動向は景気の良し悪しを占う上でも、この指標はとても重要視されています。


ですので、米ドル/円の動きにも大きな影響を与えるファンダメンタルズなので要注目です!



この「鈎足チャート攻略法で挑むFX実践記」は
人気ブログランキングに参加をしています。
訪問者様の応援が励みになるものですから
よろしければぜひワンクリックをお願いします。
(^o^)/↓↓↓↓↓


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村


●手軽に試してもらえる実践倶楽部やってます!【無料】
特典2